オールインワンゲル 敏感肌

スキンケアの基礎知識記事一覧

化粧水とは

化粧水は、洗顔後に一番最初につけるもので、スキンケアの基本中の基本とも言えるアイテムです。肌に水分を与えたくても、水だけでは皮脂などの油分ではじかれてしまうので肌に浸透しません。そこで利用されるのが、皮膚への水分補給をメインに作られた化粧水というわけです。化粧水は英語ではローションと言って、その種類...

≫続きを読む

乳液とは

乳液とは、そもそも肌の水分が外部に逃げないようにするためのスキンケアアイテムです。化粧水の役割は潤いを与えることですが、乳液の役割は浸透した水分を逃がさないことになります。ですから、一般的に化粧水とセットで使うというのが基本となっています。乳液はこっくりとしたテクスチャーで、人によってはベタつきを感...

≫続きを読む

美容クリームとは

美容クリームは、乳液が持っている水分や美容成分を肌の閉じ込めるという機能をさらにグレードアップしたアイテムになります。乳液が化粧水などの効果を守る落し蓋だとしたら、美容クリームは肌全体の潤い機能を守る蓋です。蓋の役割に加えて、美容成分などがたっぷりと入っているから、化粧水や美容液の効果をさらに補強し...

≫続きを読む

美容液とは

美容液は、その名の通り、美容成分がたっぷり入ったスキンケアアイテムです。化粧水の役割は潤いを与えることがメインですが、美容液は肌に栄養を与えるという役割を持っています。普通の化粧品では届かない、真皮の部分に浸透して栄養補給するのが美容液です。一般的に、肌の老化というのは、表皮が受けたダメージによって...

≫続きを読む

化粧下地とは

化粧下地というのは、基礎化粧品でスキンケアをした後、メイクをする前に使うアイテムです。下地クリームと呼ばれることもありますが、どちらも同じ効果を持っています。化粧下地の役割は、肌にファンデーションを密着させたり、その状態を長続きさせるというものです。乳液や美容クリームを塗った肌は、多少のベタつきがあ...

≫続きを読む

オイルとは

どんなに保湿効果が高いと言われる化粧品を使っても、肌の乾燥や敏感肌が治らないという方も多いことでしょう。そんな方に取り入れて欲しいスキンケアアイテムがオイルです。化粧品でオイルと呼ばれているのは、アボカドやホホバなど、天然由来の成分から抽出されたものが多いです。これを取り入れることで、肌をしっかり保...

≫続きを読む

クリームとは

クリームとは基本的にスキンケアの総仕上げに使うもので、肌の水分が蒸発しないように上からしっかりと蓋(ふた)をする役割を持っています。蓋の役割を担っているのは乳液も同じですが、乳液が内蓋ならクリームは外蓋というイメージになります。ただし、一口にクリームと言ってもいくつか種類があります。ナリシングクリー...

≫続きを読む

ブライトニングとは

ホワイトニングと混合されがちなブライトニングですが、この2つは全く違う意味になります。ホワイトニングは、肌を白くすることが目的のスキンケアです。いわゆる美白系コスメに代表されるものですね。これに対して、ブライトニングは肌の色を明るくすることが目的のスキンケアになります。ブライトニングの「ブライト」と...

≫続きを読む

保湿剤とは

保湿剤とは、皮膚の表面の水分を調整して、潤いのある肌へ導いてくれる働きを持っています。保湿剤は、主に美容液や乳液、クリームなどに配合されていて、皮膚のダメージを防いだり、老化防止などの役割もあります。肌の潤いというのは、本来は角質層にあるNMF(ナチュラル・モイスチャリング・ファクター)という天然保...

≫続きを読む

コラーゲンとは

コラーゲンというのは、肌の弾力やハリを保ってくれる役割をする成分です。コラーゲンは、皮膚の結合組織である膠原線維を構成している線維状たんぱく質です。簡単に言ってしまうと、細胞と細胞の隙間で細胞同士を結合させたり、老廃物を排出したりする働きを持っています。コラーゲンはもともと人間の体内で生成されるので...

≫続きを読む

EGFとは

EGFは、Epidermal Growth Factorの略で、ヒトオリゴペプチド-1とも表記されます。EGFは肌の表面部での成長の因子のことで、上皮成長因子や細胞再生因子とも言われ、体に存在しているものです。ただし、加齢とともに減少し、40歳にもなるとその量は3分の1まで減ってしまうと言われていま...

≫続きを読む

プラセンタとは

古くなった細胞や弱った細胞を新しい細胞に作り変える働きを持つ成分として、最近ではヒアルロン酸やコラーゲン以上に注目されているのがプラセンタです。プラセンタは、日本語でいうと胎盤の意味になります。しかし、美容成分としてのプラセンタは、胎盤から抽出したエキスのことを言います。胎盤には、成長因子をはじめと...

≫続きを読む

ビタミンCとは

今ほど、多種多様な美容成分が発見される前から、美肌に良いと言われいたのがビタミンCです。一般的な栄養成分としても圧倒的な知名度ですが、美肌成分の中でも、もっとも有名な成分と言えるでしょう。ビタミンCの美肌効果というのは、細胞同士を結合させて、ハリや弾力を保つコラーゲンの生成をサポートすることです。コ...

≫続きを読む

ビタミンEとは

ビタミンEは、脂溶性ビタミンのひとつで、いろいろな化粧品に含まれています。若返りのビタミンという異名を持つビタミンEは、抗酸化力が非常に強いという特徴があります。脂質の酸化や細胞膜の酸化を防いでくれるので、体の老化や動脈硬化を予防する効果が期待出来ます。もちろん、紫外線によって発生した活性酸素を除去...

≫続きを読む

ヒアルロン酸とは

肌の潤いを保つ成分として有名なのがヒアルロン酸です。保湿成分の代表格と言っても良いでしょう。ヒアルロン酸が発見されたのは1934年で、その歴史はかなり古いと言えます。アミノ酸の一種であるムコ多糖類に分類され、素や水素、酸素、窒素から構成されています。ヒアルロン酸は、もとから体内に存在する成分で、水分...

≫続きを読む

コエンザイムQ10とは

コエンザイムQ10とは、細胞の一つ一つに存在している成分で、細胞のエネルギーを作るために欠かせない補酵素になります。数年前からアンチエイジング成分として注目されているコエンザイムQ10ですが、体内で生成されるのは、20歳がピークとされています。その後はどんどん生成量が低下していきます。そうなると、細...

≫続きを読む

セラミドとは

若々しく、水分をたっぷりと含んだ潤いのある肌にはセラミドが充分に含まれています。セラミドというのは、角質層の細胞と細胞の中で、スポンジのような役割をしている成分です。セラミドが水分や油分を吸収して抱え込むことで、肌に必要な潤いを保つことが出来ています。また、水分や油分を抱え込んでいるため、角質層の角...

≫続きを読む

イソフラボンとは

イソフラボンというのは、主に大豆から出来ている製品に多く含まれる成分です。大豆が発芽する部分となる「胚芽」にたくさん含まれていますが、他にも山芋や葛の根などにも含まれます。イソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンと良く似た構成になっています。そのため、エストロゲンと同じような働きをするので、美容成...

≫続きを読む

スクワランとは

スクワランとは、深海サメの肝臓の油であるスクワレンを蒸留して精製したオイルです。こう見ると、特別な成分のように思えるかもしれませんが、スクワラン自体は肌にもともとある潤い成分です。基本的に、皮脂には約3%程度のスクワランが含まれていて、皮脂膜となって肌を保護してくれています。また、皮膚細胞の新陳代謝...

≫続きを読む

アルブチンとは

美白効果がある成分として、最近化粧品などに配合されることが多いアルブチン。ハイドロキノンとブドウ糖が結合した物質で、ハイドロキノンの糖誘導体ともなる成分です。アルブチンには、α‐アルブチンとβ‐アルブチンがありますが、以前から美白に使用されていたのがβ‐アルブチンでした。しかし、最近の研究で、α‐ア...

≫続きを読む

プロテオグリカンとは

プロテオグリカンは、皮膚や軟骨など私たちの体内に存在している成分です。ヒアルロン酸やコラーゲン以上とも言われる抜群の保水力を持ち、新しい細胞を作り出すことをサポートしてくれます。プロテオグリカンは水分をスポンジのように大量に吸収して保持する役割があり、それによって肌の粘性や弾性を維持します。プロテオ...

≫続きを読む