オールインワンゲル 敏感肌

EGFとは

 

EGFは、Epidermal Growth Factorの略で、ヒトオリゴペプチド-1とも表記されます。

 

EGFは肌の表面部での成長の因子のことで、上皮成長因子や細胞再生因子とも言われ、体に存在しているものです。

 

ただし、加齢とともに減少し、40歳にもなるとその量は3分の1まで減ってしまうと言われています。

 

EGFが減ると、新陳代謝や皮膚細胞の再生能力が低下するので、肌の老化が進行してしまいます。

 

EGFは、もともと火傷などで細胞が破壊された状態の肌を再生するという、皮膚再生医療の分野で使われていた成分です。

 

生産され始めた当初は、1gあたり8000円もするとても高価なものでしたが、その後大幅なコストダウンに成功しました。

 

日本でも2005年に配合が認可され、現在ではアンチエイジング効果が期待出来る成分として、いろいろな基礎化粧品に配合されています。

 

>>敏感肌の方でも使えるオールインワンジェルを徹底比較