オールインワンゲル 敏感肌

保湿剤とは

 

保湿剤とは、皮膚の表面の水分を調整して、潤いのある肌へ導いてくれる働きを持っています。

 

保湿剤は、主に美容液や乳液、クリームなどに配合されていて、皮膚のダメージを防いだり、老化防止などの役割もあります。

 

肌の潤いというのは、本来は角質層にあるNMF(ナチュラル・モイスチャリング・ファクター)という天然保湿因子や皮脂膜によってコントロールされます。

 

しかし、この機能は紫外線などのダメージや肌の老化で低下してしまうことがあります。それらの機能低下をサポートしてくれるのが保湿剤になります。

 

化粧品の表示成分の中で、グリセリンやプロピレングリコール、ブチレングリコールといった成分が保湿剤です。

 

最近では、天然由来の成分も生産出来るのようなったので、プラセンタエキスや可溶性コラーゲン、ヒアルロン酸、キチン・キトサンなどの成分も保湿剤として使われています。

 

>>敏感肌の方でも使えるオールインワンジェルを徹底比較