オールインワンゲル 敏感肌

コラーゲンとは

 

コラーゲンというのは、肌の弾力やハリを保ってくれる役割をする成分です。

 

コラーゲンは、皮膚の結合組織である膠原線維を構成している線維状たんぱく質です。

 

簡単に言ってしまうと、細胞と細胞の隙間で細胞同士を結合させたり、老廃物を排出したりする働きを持っています。

 

コラーゲンはもともと人間の体内で生成されるのですが、その量は加齢とともに減っていきます。

 

コラーゲンが不足してしまうと、細胞同士の結合力が低下するので、そのため皮膚のたるみが起こります。

 

また、ヒアルロン酸など水分保持をするための成分がいる場所もなくなってしまうので、同時に皮膚の乾燥を引き起こします。

 

いわゆる乾燥肌ですね。

 

ですから、コラーゲンは基礎化粧品などで外側から補給してあげることが大切だと言えます。

 

>>敏感肌の方でも使えるオールインワンジェルを徹底比較