オールインワンゲル 敏感肌

セラミドとは

 

若々しく、水分をたっぷりと含んだ潤いのある肌にはセラミドが充分に含まれています。

 

セラミドというのは、角質層の細胞と細胞の中で、スポンジのような役割をしている成分です。

 

セラミドが水分や油分を吸収して抱え込むことで、肌に必要な潤いを保つことが出来ています。

 

また、水分や油分を抱え込んでいるため、角質層の角質細胞を接着する働きもします。

 

細胞間脂質の主成分で、その50%を占めているというのですから、いかにお肌の潤いに欠かせないかが分かるでしょう。

 

セラミドは加齢とともに減少していくので、外部から補ってやる必要があります。

 

セラミドが不足すると、乾燥肌や肌トラブルが引き起こされるので、潤いが不足したなと感じ始めたらセラミド配合の化粧品などで補うようにしましょう。

 

>>敏感肌の方でも使えるオールインワンジェルを徹底比較