敏感肌 アトピー性皮膚炎

アトピー性皮膚炎と化粧品について

 

アトピー性皮膚炎とはアレルギーによる皮膚炎の事です。主な原因には乾燥肌や食べ物、ストレスなどが挙げられています。また、衣服やタオルなどの素材、ひっかき傷や皮膚に存在している細菌などが原因になる事もあります。

 

湿疹やかゆみなどの症状が出るので、しっかりと保湿をして乾燥対策をしたり、肌を清潔にする事で症状が和らいだり改善されたりします。

 

アトピーの人の肌は健康な肌に比べて乾燥しやすく、外部からの刺激にも敏感なので化粧品選びも慎重にしなければなりません。多くのアトピー人が化粧品選びに困っているのです。

 

社会に出るようになれば、否応なく化粧品を使わなければなりませんから刺激の少ない、肌に負担のかからない化粧品を探しているのです。

 

アトピーの化粧品選びで大事なのは、刺激が少ない事と保水力が高い事、浸透力がある事、そして保湿する事です。肌の乾燥を解消するためにはまず水分補給をしてあげる事です。それも表面だけではなく、肌の奥の角質層にまで水分を補給してあげなければなりません。

 

肌の奥にまでしっかり水分が行き渡ったら、その後にフタをしてあげる事が重要です。水分だけ与えても、時間がたてばどんどん蒸発していってしまいます。ですから油分を与えて水分が外へ出ないようにフタをするのです。ですから、化粧水だけではなく乳液やクリームなども必要です。

 

また、化粧品は無添加や天然成分配合とされているものがすべて肌に合う訳でもありませんし、化学成分が必ず肌に悪いわけではありませんから、口コミなどを参考にしてまずは、サンプルなどから試してみるといいでしょう。

 

>>敏感肌の方でも使えるオススメのオールインワンジェルへ