敏感肌 年齢肌

乾燥肌・敏感肌と年齢肌の関係

 

 

年齢を重ねるほど肌は敏感になり乾燥して肌トラブルを引き起こします。

 

ずっと同じ化粧品を使っているのに、ある日違和感を感じるようになった、という30代40代の人は多いはずです。

 

加齢によって引き起こされる肌トラブルで代表的なものはシミ、しわ、たるみです。

 

それはつまり加齢により肌の防御力が低くなり肌が乾燥していった結果、シミ、しわ、たるみが引き起こされるという事です。

 

加齢によるセラミドの減少

 

肌の防御力と水分保持の役目をするセラミドが加齢により減少し、肌のバリア機能が低下して角質層の水分が少なくなり、肌のハリや弾力が失われてシワが出来ていきます。

 

また、加齢により肌の生まれ変わりであるターンオーバーの周期が乱れる事でニキビや吹き出物ができやすくなり、治りにくくなります。

 

さらにターンオーバーの周期が遅くなることで古い角質が肌に残り、その古い角質がめくれて粉がふいたように見えたり、肌のくすみの原因にもなります。

 

肌トラブルには常にお手入れを

 

乾燥肌、敏感肌、年齢肌に共通するお手入れが、しっかり保湿をするという事です。

 

うるおっている肌は若々しく見られますし、トラブル知らずです。

 

しかし、敏感肌の人は使う化粧品にも注意が必要になってきます。

 

刺激の少ない敏感肌用のコスメでしっかり肌にうるおいを与えてあげましょう。

 

自分の肌に合うものかどうかは、トライアルセットなどで試してみるのがいいかもしれません。

 

しっかり保湿ケアをして、年齢知らずのしっとりお肌を目指しましょう。

 

>>敏感肌の方でも使えるオススメのオールインワンジェルへ