敏感肌 ニキビ肌

乾燥肌・敏感肌とニキビ肌の関係

 

乾燥肌や敏感肌の人は水分と皮脂の量が少なく、肌をしっとりさせる為に油分をプラスするスキンケアが大事になります。

 

油分をしっかり落とすために洗顔をする時に強くこすったり、二度洗いを繰り返すと、必要な皮脂まで落としてしまい肌はどんどん荒れていきます。

 

角質層に乱れが起こり、荒れた肌は硬くなっていきます。

 

また、皮脂を落とし過ぎてしまうと肌を守ろうとして皮脂量が多くなり、皮脂が毛穴を詰まらせてニキビが出来ます。

 

敏感肌は肌を守る機能も衰えていますから、菌が繁殖しやすい状況にあるのです。

 

ですから敏感肌、乾燥肌に気付いたら早めのケアをしましょう。

 

保湿することと刺激を与えないことが大事

 

一番大事なのは保湿ですが、肌に刺激を与えない事が必要です。

 

肌のバリア機能を高めて保湿を高める、セラミド配合のスキンケアがおススメです。

 

また、ニキビができてしまったら肌を清潔に保ち、しっかり保湿します。

 

正しい洗顔を知らない人も多く、間違った洗顔を続けて敏感肌や乾燥肌を悪化させてしまう人もいますから気をつけましょう。

 

顔につけるものはできるだけ無添加の製品を

 

洗顔料は界面活性剤を使用していないものを使いましょう。顔につけるものは出来るだけ無添加にするのがいいでしょう。

 

洗顔料はよく泡立てて使うのが正しい洗顔です。指で洗うのではなく、泡で優しく洗う事を心がけてください。

 

すすぐ時も擦らないようように気をつけましょう。また、すすぎ残しも肌に良くありませんからしっかりすすぎましょう。

 

終わったら清潔なタオルで顔を抑えるように水を拭き取ります。この時もゴシゴシ擦ってはいけません。その後、肌に合った化粧水などでケアしましょう。

 

>>敏感肌の方でも使えるオススメのオールインワンジェルへ