敏感肌 生活習慣

敏感肌改善のための生活習慣と食生活

 

敏感肌を改善するためには、正しいスキンケアや正しい化粧品選びも大事ですが、生活習慣と食生活の見直しも大事です。

 

健康な肌の人でも寝不足は肌に悪いと言います。ですから、睡眠不足は敏感肌には大敵であると言えるでしょう。深い眠りの時に分泌される成長ホルモンが肌を修復、再生するので充分な睡眠をとるように心がけましょう。

 

タバコは肌に良い成分であるビタミンCを破壊してしまうので、喫煙習慣のある人は肌のためにも、健康のためにも止めた方がいいでしょう。

 

また、部屋の乾燥も肌には良くありませんから加湿器を使用したり、会社などではミスト化粧水などを使って肌にうるおいを与えてあげるといいでしょう。

 

コンビニ食や外食が多い、好きなものしか食べない、油ものが大好き、甘いものが大好き、お酒が大好き、野菜は嫌い、などの偏った食生活を続けていると肌を改善するのは難しくなります。

 

美肌を作る食材は野菜や豆、キノコ類などのベータカロチンを多く含む食品です。ベータカロチンを多く含む野菜はほうれん草とニンジンで、肌の老化や肌トラブルの元となる活性酵素を取り除いてくれる働きがあります。

 

また、ビタミンCも肌に有効な成分ですから、淡色野菜や果物なども積極的に摂るといいでしょう。魚や肉などのタンパク質は肌細胞を作りますからこれらもしっかり摂りましょう。

 

つまりはバランスの良い食生活を心がける事が、敏感肌を改善する事につながります。食事は1日3食バランスよく摂るようにしましょう。

 

また、体が冷えると代謝が悪くなり、肌が乾燥したり肌の老化の原因にもなりますから、体を温める物を意識して摂るといいでしょう。

 

>>敏感肌の方でも使えるオススメのオールインワンジェルへ