敏感肌 添加物

敏感肌に良くない化粧品中の添加物

 

一般的に敏感肌の人が肌トラブルを引き起こす原因とされているのが、化粧品に含まれている合成添加物ですね。

 

合成界面活性剤は洗浄剤や乳化剤、保湿剤などとして配合されています。とくに問題があるのは美容に有効な成分を肌の奥まで浸透させるために配合されている場合です。

 

イメージとしては合成界面活性剤が肌を守るバリア機能を破壊して、そこに美容成分を通すのです。

 

ただ、この合成界面活性剤は種類も多く、全く使っていない化粧品を探す事はまず無理でしょうから、なるべくこの成分が少ない物を選ぶようにするといいでしょう。

 

また、着色料として使われるタール系色素には、ベンゼントルエンなどの石油系成分が含まれており、アレルギーを引き起こすなどの危険性がありますから避けてください。

 

UV化粧品には紫外線を吸収して肌の奥に届かないようにする成分、オキシベンソンなどがありますが、これらの紫外線吸収剤もアレルギーを引き起こす可能性がありますから避けた方がいいでしょう。

 

また、化粧品は数年持つように防腐剤が入っています。代表的なものがパラベンで化粧品のみならず、多くの製品に含まれています。旧指定成分に含まれていたため、肌に良くないというイメージが強くあり、敏感肌用の化粧品にはパラベンフリーにこだわる製品が多くあります。

 

実際には肌への影響は少ないと言われていますが、なるべく使用していないもの、または配合していても少ないものを選ぶといいでしょう。フェノキシエタノールなどのアルコール類も同様です。

 

>>敏感肌の方でも使えるオススメのオールインワンジェルへ